南アフリカ旅行記3 ヨハネスブルグのMBA Wits大学 & GIBS .129

勉強を表すノートとペン

 

南アフリカ旅行記1 ケープタウン大学MBA .127南アフリカ旅行記2 ステレンボッシュ大学MBA .128に引き続き、今回も南アのMBAを紹介します。

西にケープタウン大学とステレンボッシュ大学のMBAがあるなら、東のヨハネスブルグにはWitsとGIBSがある、ということで今回は東の二校を紹介したいと思います。

●Wits大学MBA

Wits大学は正式名称をUniversity of Witwatersrand言います。通称がWitsになります。ヨハネスブルグの街に近い位置にあります。MBAキャンパスは本キャンパスから来るまで5分ほど行ったところにあります。略称はWBSで、早稲田のビジネススクールと同じです。
校舎はとても落ち着いた雰囲気でした。建物も自然や噴水を取り入れた作りになっておりリラックスできる環境でした。スカイプか何かで遠隔地とやりとりをしていた授業中の扉も開かれており、開放的な校風を感じました。
アポなしで訪問して受付の人に話すと、インターナショナルオフィスの人に時間をとってもらえそうだったのですが残念ながら会議中とのことで断念。
フルタイムのMBAは授業を受けるコアコースが12か月、リサーチが最大で12か月となっています。授業料はアプリケーションフィーを入れて194055ランドなので約200万円、これに海外研修費用$4500が必須でかかります。計約250万円となります。

●GIBS

GIBSの正式名称はGordon Institute of Business Science。プレトリア大学のMBAになります。ちなみにヨハネスブルグから近いプレトリアは南アフリカは首都です。
建物からは近代的で機能的な印象を受けました。ケープタウンは観光都市で洗練されている印象を受けるのですが、ヨハネスブルグはさすがアフリカ最大の商業都市だけあってギラギラしています。このGIBSからはそんなギラギラした印象を受けました。
アポなしだったのですが、アドミッションを訪れるとエネルギッシュに説明してくれました。マシンガントークでまくしたてられる感じでまさに校風と合致する印象を受けました。ちなみに中国からの学生もいるらしいです。
このGIBSのフルタイムのMBAコースは2つに分かれます。1つはジェネラルマネジメントコース、もう一つはアントレプレナーコースになります。フルタイムMBAは1月から翌年1月までの13か月の期間で、5月までは授業、6月以降はキャンパスに来る必要性が下がります。ジェネラルマネジメントコースとアントレプレナーコースは授業の最後の4分の1の内容が変わります。(他にも違いはあると思いますが。)
フルタイムMBAの授業料は198500ランドで約200万円。これに$5700の海外研修費用が必須でかかります。合計で約260万円といったところでしょうか。

●4つの大学のフルタイムMBAまとめ

◆期間

1月ケープタウン大学は12ヶ月、GIBSは13ヶ月(厳密な日数計算すると12ヶ月とも言えます)、ステレンボッシュ大学は18ヶ月、Wits大学は最大24ヶ月となります。

◆学費

学費は高い方から並べるとケープタウン大学;R338000、ステレンボッシュ大学;R325400、GIBS;R198500+$570、Wits;R194055+$450となります。大体250~350万円の間となります。西は高くて東は安い傾向にあるようです。ケープタウン大学、ステレンボッシュ大学は南アフリカ国籍と外国籍で授業料が違いますが、GIBSとWitsは記載がないので恐らく同じだと思われます。ここにも商業都市、言い換えれば平等な実力主義的なヨハネスブルグの色があらわれていると感じます。

◆ロケーション

ケープタウン大学のロケーションはケープタウンでもおしゃれなウォーターフロント。ステレンボッシュはBellvilleというケープタウンから来るまで20分程いった郊外。WitsとGIBSはヨハネスブルグにあります。

◆雰囲気

ケープタウン大学はエリートで冷たい感じがしました。ステレンボッシュは優しくて人が良い感じ。Witsは知的で落ち着いた大人な感じ。GIBSはギラギラしていてお金のにおいがしました。
一覧表
以上で南アフリカの主要4MBAの紹介を終わります。
かつろう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*