成功と幸せ Vol.1

先日、尊敬するお世話になっている方に面白い話を聞いた。

『成功と幸せ』の関係性についてだ。

人はドーパミンが分泌されているときは
学習効率や集中力が高まり、仕事のパフォーマンスもあがるのだという。

ではどのような時にドーパミンが分泌されるのか。
それは幸せを感じている時だという。

図式化すると下記のようになる。

【幸せ→ドーパミン→パフォーマンスアップ→成功】

つまり成功したから幸せになるというのではなく
幸せを感じたから成功するということなのだ。

成功して幸せになろうとよく自分も思ったりしてしまうが
実はそうではなくて日々の仕事や営みの中で
幸せを感じながら生きていくことが成功に繋がるのだ。

楽しみながら仕事をすることを心がけよう。

かつろう

【カテゴリ別ブログ記事一覧】

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いいたします~

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*